Home | 経歴 | 業績 | 忘備録 | Movie | その他 | English

  1. Ohishi, S., S. Sugimoto, and K. Hanawa, 2015: Zonal movement of the Mascarene High in austral summer. Clim. Dyn., 45, 1739-1745, doi:10.1007/s00382-014-2427-7 [link]
  2. Ohishi, S., T. Tozuka, and N. Komori, 2016: Frontolysis by surface heat flux in the Agulhas Return Current region with a focus on mixed layer processes: observation and a high-resolution CGCM. Clim. Dyn., 47, 3993-4007, doi:10.1007/s00382-016-3056-0[link]
  3. Ohishi, S., T. Tozuka, and M. F. Cronin, 2017: Frontogenesis in the Agulhas Return Current region simulated by a high-resolution CGCM, submitted to Journal of Physical Oceanography

  1. Ohishi, Shun, Tomoki Tozuka, and Nobumasa Komori, ‘Frontolysis by surface heat flux in the Agulhas Return Current region with a focus on mixed layer processes', Meeting on Perspectives in Computational Atmosphere and Ocean Science and 8th OFES International Workshop, Aichi, Mar. 2017.
  2. Ohishi, Shun, Tomoki Tozuka, and Meghan F. Cronin, ‘Frontogenesis in the Agulhas Return Current region simulated by a high-resolution CGCM’, JpGU–AGU Joint Meeting 2017, Chiba, May. 2017

  1. Ohishi, Shun, Shusaku Sugimoto, and Kimio Hanawa, ‘Low-frequency SST variability in the Indian Ocean’, Global Center of Education, Miyagi, Sep. 2012
  2. Ohishi, Shun, Shusaku Sugimoto, and Kimio Hanawa, ‘Low-frequency variations of the zonal dipole sea surface temperature pattern in the South Indian Ocean’, Japan Geoscience Union Meeting 2013, Chiba, May. 2013
  3. Ohishi, Shun, Shusaku Sugimoto, and Kimio Hanawa, ‘Interannual intensity and longitudinal position variations of Mascarene High in austral summer and their relation to SST in the South Indian Ocean’, 2014 Ocean Sciences Meeting, Hawaii, Feb. 2014
  4. Ohishi, Shun, Shusaku, Sugimoto, and Kimio Hanawa, ‘Zonal movement of Mascarene High in austral summer’, 2014 AGU Fall Meeting, San Francisco, Dec. 2014.
  5. Ohishi, Shun, Shusaku Sugimoto, and Kimio Hanawa, 'Zonal movement of Mascarene High in austral wummer', 6th ISAJ Symposium on Recent Advances in Science and Technology, Tokyo, Dec. 2015.
  6. Ohishi, Shun, Tomoki Tozuka, and Nobumasa Komori, 'Frontolysis by surface heat flux in the Agulhas Return Current region with a focus on mixed layer processes', CLIVAR Open Science Conference, Qingdao, Sep. 2016.
  7. Ohishi, Shun, Tomoki Tozuka, and Nobumasa Komori, 'Frontolysis by surface heat flux in the Agulhas Return Current region with a focus on mixed layer processes', Symposium on Past, Present, Future of Preceding Ocean and Climate Variability, Tokyo, Jan. 2017.

  1. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「インド洋における長周期海面水温変動」,大槌シンポジウム、岩手県、2012年8月
  2. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「インド洋における長周期海面水温変動」,2012年度日本海洋学会若手会夏の学校,京都府,2012年8月
  3. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「インド洋における長周期海面水温変動」,2012年度日本海洋学会秋季大会,静岡県,2012年9月
  4. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「南インド洋における東西ダイポール型長周期海面水温変動」,2013年度山中湖シンポジウム,山梨県,2013年6月
  5. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「南インド洋の夏季における三重極子型海面水温変動」,2013年度大槌シンポジウム,岩手県,2013年8月
  6. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「南インド洋の夏季における東西ダイポール型海面水温変動~マスカリン高気圧に着目して~」,2013年度日本海洋学会秋季大会,北海道,2013年9月
  7. 大石俊,杉本周作,花輪公雄,「夏季南インド洋におけるマスカリン高気圧の時空間変動とその要因,および海面水温への影響」,Japan Geoscience Union Meeting 2014,神奈川県,2014年4月
  8. 大石俊,東塚知己「南半球夏季のアガラス水温前線における混合層深度の南北勾配の形成要因」,2015年度日本海洋学会春季大会,東京都,2015年3月
  9. 大石俊,東塚知己「アガラス水温前線の緩和過程」,2015年度海洋若手会夏の学校,千葉県,2015年8月
  10. 大石俊,東塚知己,小守信正「CFESで再現されたアガラス水温前線の緩和過程」,2015年度日本海洋学会秋季大会,愛媛県,2015年9月
  11. 大石俊,「海外の海洋物理学者との交流を通して」,第11回東京大学の海研究シンポジウム,東京都,2016年7月

  1. 大石俊,東塚知己,「南半球夏季のアガラス水温前線における混合層深度の南北勾配の形成要因」,新学術領域「気候系のhot spot:熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動」第5回全体会議,東京都,2015年3月

  1. 大石俊,平成22年度青葉理学振興会奨励賞 受賞,2011年4月
  2. 大石俊,日本科学協会平成26年度笹川科学研究助成 獲得,2014年4月–2015年2月
  3. 大石俊,平成26年度東京大学博士課程研究遂行協力制度 採用,2014年5月–2015年2月
  4. 大石俊,新学術領域「気候系のhot spot」第5回全体会議学生ポスター優秀賞 受賞,2015年3月
  5. 大石俊,平成27年度東京大学博士課程研究遂行協力制度 採用,2015年5月–2016年2月
  6. 大石俊,平成27年度岩垂奨学会奨学生 採用,2015年4月–2016年3月
  7. 大石俊,日本海洋学会 若手海外渡航援助 採用,2016年4月